きんきぃ車両(1/150)

K線T駅最寄りの某鉄道車両メーカーとは一切関係ありません。主に鉄道模型の加工について書いていきたいと思います。たまに他のジャンルにも浮気するかもしれません。

京阪

出、出ますよ・・・

生きてます(小声)

https://www.keihan.co.jp/info/upload/2016-09-20_tetsudo-collection-2600.pdf

出ましたね・・・
2000系のバリ展でやるかなとは思ってましたが今頃になって

既に作ってしまった身として被られてちょっと悔しい気持ちと
元1次車や助士窓固定とか出してくれて有り難い気持ちと 
財布を直撃されて困惑する気持ちとで三者三葉って感じです 

京阪2600系をつくる(6) とりあえず竣工・・・

どうもお久しぶりです。気が付けばこのブログも1周年ですが、その記念というわけではないのですが
やっと京阪2600、竣工カッコカリです

まずは屋根をいじります。
って書くと簡単そうに見えますが、実はここから軽く泥沼にはまります。

種車は鉄コレ京阪2000とマイクロ京阪2200ですが、前者は屋上機器の配置がまるっきり違うので、
一度のっぺらぼうにしました。後者は機器の配置は似てるものの、配管が全くないのはアレだなと。
京阪と言えば配管が下に通っているタイプのランボードも再現したい・・・

で、人生初のパイピングに挑むことになりました・・・。

見よう見まねでステンレス線をそれっぽく這わせて、これまたランボードの脚に見立てた
これまた同じステンレス線で留めます。って・・・うわ汚っ!
 001

これを貼れば隠れるからまあいいか・・・
002
右下は配管位置決め用ガイドライン。CADでそれっぽく作ったのを印刷しただけ

パイピング完成後の写真は・・・撮ってない 作業を進めるのに精いっぱいだったんですね
仕方ないね()
このあと、屋根をGMカラー9番で塗装しました。

次にクーラーを用意します。といってもドンピシャなものはどこからも出てないので、仕方なく
マイクロの京阪2200についていたクーラーをおゆまるでコピペします。

003
コイツの屋根におゆまるをビターっと押し付けて型を取り、
後はポリパテを練る詰める待つの繰り返しで

007
羽根つき餃子ならぬ羽根つきクーラー 気泡もあるよ

010
状態のいいものを選り分けて、修正、種車から強奪したクーラーと合わせて5両分確保できました

IMG_0827
塗装わず。GMカラー14番でした。

各種屋上機器は、幼き日の自分が無謀にもチャレンジしたものの挫折したGM阪急通勤車のパーツを
京阪神急行のよしみで拝借。

最後に、屋根にクーラーその他屋上機器を取り付け、妻面にも配管を這わせ、色差しと、だいぶ前に
作っておいた側面とおりひめHMのステッカー、Bトレ京阪2400の前面ステッカーを適当に貼り付けて、
とりあえず走れる状態にはなりました。なお床下機器は・・・

011
かなりサマになったけどよくみるとまだ一部クーラーが載ってない・・・

ちなみに、完成したのは見せびらかす予定の運転会の当日の早朝。。。最後だけ突貫工事という
夏休み終わりに宿題に追われる小学生みたいな工程でしたorz
それでも何とか運転会には間に合い、予定通り会場で見せびらかすことが出来て良かったです。

IMG_0832
よくみるとヒューズが傾いてる

IMG_0854
随分危なっかしいところで撮ってますな・・・
でもこうしてみるとかなりイイ(・∀・)!(自画自賛)

IMG_0842
1年前の題材と、つい最近まで一緒に走ってたターコイズブルーの奴と並び
本当に京阪一般色と特急色の並びはいつ見てもよだれが出ますな・・・

とりあえず走れるところまで持ってきたわけですが、この後も主に床下とか床下とか改良作業が
続く・・・と思います。ご期待ください。



 

京阪2600系をつくる(5)

車体の大まかな塗装が終わったっところで、次は車体にインレタを貼っていきます。
インレタは、側面はGMの阪急用インレタ、前面は京成用インレタを使いました。
ただし、2708は屋根の塗装に備えてマスキングをしているため、後回し・・・
 IMG_0818
IMG_0820
随分雰囲気出てきましたねぇ(n回目)
IMG_0821
2708は種車が屋根と車体が一体成型なので、屋根塗装に備えて
マスキングテープでぐるぐる巻きに・・・

続いて、台車を用意します。実は京阪2600系を製作するにあたっての難所の一つでもあります。
ご存知のように、2600系はいろいろな種類の台車を履いており、この2628-2808編成(全車旧塗装
末期)においても、2628と2828がFS337、2608がKW37、2708がKS73、2808がKW69を履いている、
という風に4種の台車が併用されているというケッタイなことになっています。
しかもドンピシャな台車がないことも多々あります・・・。

で、まずはFS337から
これは京阪2400系用にGMからそのものズバリが出ているのでそれを使いますw
IMG_0824
ねじの代わりにGM非集電台車のピンで取り付けます。

2608のKW37はGMのKH55で代用してます。しかしボルスタアンカの向きが違ってしまう・・・

2708には鉄コレ動力の18mを仕込みます。Bトレ京阪2400から持ってきたKS73の台車枠を
貼り付けます。
IMG_0823
上:2608 下:2708

最後は2808のKW69
GMのKW77で代用するつもりでしたが、自宅の在庫が1個(1両分じゃないよ)しか
なかったので、もう片方はこの時に発生した台車を仮台車にorz
IMG_0825
KW77 これもKW69と比べると随分違いますが・・・仕方ないね

IMG_0826
仮台車ww

2600系の台車のカオスさについてちょっとでも伝われば幸いです。
To be continued...



京阪2600系をつくる(4)

8月は残暑が厳しいので来月から本気出す()
ということで京阪2600系製作記の4回目です。

まず、運転台撤去車の処理から。
今回製作する編成は、5連の2628-2808編成(作る編成を今まで言ってなかった^^;)
なんですが、この編成には運転台撤去車、2828と2608が存在します。パッと見はほぼ変わらないので、
DSC03662040
(上:先頭車 右:運転台撤去車)
鉄コレそのままで行こうとしたのですが、よく見ると運転台撤去車は乗務員扉の手すりがない・・・
これに気付かず塗装しちゃったのでとりあえず手すりを削ります。
001
吹き込みがががが・・・
そんで面相筆でタッチアップ
IMG_0776IMG_0777
筆塗りにしてはなかなか(自画自賛)

続いて、車体下部から生えてるジャンパ線を作ります。
Φ0.3のドリルで穴を開けて、ステンレス線をぶっ差します。このとき左右を間違えないように注意。
大阪方も京都方もジャンパ線が山側(本線基準で南側)に来るようにします。
また、妻面の2段窓もすべて山側に来ますのでこれを参考に取り付けるといいでしょう。
007
(左:大阪方先頭車2808 右:京都方先頭車2628)
前回やった連結器をはめこむと雰囲気で、でますよ・・・

とりあえず今回で、車体については大まかな工作が終了した感じですね・・・
しかし屋根や床下などが残っているという・・・


 

京阪2600系をつくる(3)

これの続きです。
前回調合した濃淡グリーンを吹いて、マスキングをとるとこんな感じに。
 001
汚ねえ写真だなぁ・・・
 側面の写真は・・・撮り忘れましたorz

続いて、ジャンパ栓をつけます。 
銀河モデルのKE70をちょっと加工して使います。
026

上:加工前 下:加工後
取り付け用のピンを切っています。

これをTNカプラーの胴受けの両脇に貼り付けると・・・
004

一気にそれっぽくなってきました(自画自賛)
なお、スカートはGM京阪2400系用のパーツをねずみ色1号で塗ったもので、
カプラーは線バネタイプのもの(品番失念)を使っています。

実車はこんな感じ
021 - コピー (2)

向かって右側のジャンパ栓の形状が微妙にダウトですが、自作も困難な大きさですし
ふいんき(なぜか変換できない)重視ということで・・・
 
続くんと違います?
 

京阪2600系をつくる(2)

お久しぶりです(n度目) 2か月ぶりの書き込みです。
これの続きです。

まず、前回つけたダクトの位置が微妙にずれていたことが判明したため、
修正orz
鉄コレとマイクロでは車体長が約1mm強違うんですね・・・
ついでにヒューズボックスと避雷器も取り付けます。
 047
 フライングしてパイピングも・・・

そして、鉄コレとマイクロでの色調統一、および鉄コレで戸閉知らせ灯を削除した部分の
タッチアップのため、まずライトグリーンを塗りますが、何を血迷ったのかガイアノーツの
エメラルドグリーンやらスプレー缶のGM京阪ライトグリーンから抜き取ったものやらを
ベースに、GM12番やら14番、21番なんかを混ぜて調合するという暴挙にw
で、こんな感じに
 003
鉄コレより若干濃いめ?

で、知らせ灯を削った部分のみ先にタッチアップ、社紋は活かしておきたいのでマスキングします。
002
これで塗装の準備ができました。

たぶんその3につづく

京阪2600をつくる(1)

こんにちは。久々の京阪ネタです。
タイトル画像のアレを作ります。

「京阪2600 模型」とググると、マイクロの製品がヒットしますが、アレは30番台で、
ちゃんと一から製造されたグループです。今回作るのは、1959年より製造が開始
された2000系の車体を流用して製造されたグループ(0番台)です。 

で、ちょうど京阪2000系の鉄コレが限定品で3年前に出ていますので、実車同様、
こいつを改造して製作したいと思います。構想自体は2000系の鉄コレが出る前から
あって、GMの阪急板キットを使って作ってみたりしたこともあったのですが、未だ
完成を見ていませんorz

075
こ れ は ひ ど い
Bトレ2400系の顔をいじったのとGM阪神通勤車の顔をいじったやつの2種類です

では、鉄コレ2000系からの改造方法を見ていきましょう。
2000系と2600系ではパンタの位置や冷房の有無など、屋上機器の配置が違うので、
一度屋根をきれいにツルツルにします。そして、屋根の中心線上に、短冊状に切り出した
プラ板を張って(10.5mm×1.5mm)、ダクトを再現します。
001
こんな感じ
002
横から
 
ついでに、戸閉知らせ灯の位置も違うので、こいつもきれいにします 

続く・・・? 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 買ったぜ。(66系)
  • 買ったぜ。(66系)
  • 買ったぜ。(66系)
  • 買ったぜ。(66系)
  • 買ったぜ。(66系)
  • 207系をH編成に(2)
  • 207系をH編成に(2)
  • 207系をH編成に(2)
  • 207系をH編成に(2)